『ユートピア』における新型コロナウィルス感染予防への取り組みとご来場のお客様へのお願い(2021.9.30付)

10月1日に緊急事態宣言が解除されることとなりました。

singing dogは『ユートピア』の上演まで、無事にその日を迎えられるよう、稽古中も感染予防対策に慎重なほど取り組んで参りました。

宣言が解除される10月1日に上演を迎えますが、気を緩めることをせず、引き続きお客様とスタッフ、公演に関わる全ての方の安全と健康に配慮し、感染予防・拡大防止の取り組みを下記のように行ってまいります。皆様のご理解とご協力を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

 

お客様へのお願い

ご来場前に体調チェックをお願いいたします。以下のお客様はご観劇をご遠慮くださいますようお願い申し上げます。

 

1. 37.5度以上の発熱がある方又は平熱に比べて高い発熱がある方(ご来場前に検温をお願いいたします)

 

2. 過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をした方

 

3. 咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・臭覚障害、目の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気、嘔吐などの症状のある方

 

4. 同居家族や職場、学校など身近に新型コロナウィルスの感染者もしくは感染の可能性がある方

 

5. 過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び当該在住者との濃厚接触がある方

 

ご来場時のお願い

1.入場時にサーマルカメラにて、お客さまの体温を計測させていただきます。37.5以上の発熱が認められた場合、入場をお断りさせていただきます。

 

2.マスクを着用していないお客様のご入場はご遠慮いただきます。また「咳エチケット」の徹底をお願いいたします。

 

3.劇場の入口にて、手指の消毒を必ずお願いいたします。消毒用足拭きマットによる靴裏消毒をご用意していますのでご利用ください。

 

4.受付や入場時には一定のソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。前後の距離を空けてお並びいただくよう、スタッフが誘導いたします。

 

5.チケット代金は当日清算の受渡しとなり、手渡しは行わずキャッシュトレーにて行わせていただきます。当日券販売の際には、お客さまのご連絡先のご記入をお願いします。

 

6.万が一、劇場にて感染が発生した場合に対応できるよう、ご連絡先を伺わせていただきます。(お客さまのご連絡先に関しましては、個人情報の保護に努め、感染者が発生した場合の保健所等、公的機関へのご提供以外には使用いたしません)

 

7.プレゼント、祝い花、差し入れなどは辞退申し上げます。

 

8.終演後の俳優とのご面会は禁止とさせていただいています。

 

 

感染予防・拡大防止の取り組み

1. 館内では常に換気を行い、空気の停滞を防ぎます。

2. 飛沫感染防止のため、客席を前後左右に間隔を開けてご用意しています。

3. 座席の最前列は舞台の話者から充分な距離(2メートル)をとります。

4. 館内の設備、備品等の消毒や清掃をこまめに実施しております。

公演内容の変更・延期・中止につきまして

1. 出演者・スタッフ・関係者より、万が一、稽古期間中および公演期間に新型コロナウィルス感染に該当する症状が発症した場合は、やむを得ず公演を中止する場合がございます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

2. 公演に変更が生じた場合は、E-mail、singing dogHP、公式Twitterにてお知らせいたします。

その他

1. ご来場後に万が一、新型コロナウィルスと診断されたお客さまは、すみやかに劇団までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

 

2. チケットをご予約されているお客さまで、体調や環境等に不安のある方は、日時の変更、ご予約のキャンセルをいたしますのでお申し出ください。

 

 

最後に

この予防・拡大防止への取り組みは、公益財団法人全国公立文化施設協会の「劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」、緊急事態舞台芸術ネットワークの「感染予防策ガイドライン」、小劇場協議会「ガイドライン」を参照しつつ、厚生労働省の新型コロナウイルス感染症について、東京都新型コロナウイルス感染症対策サイトも参考にして、感染予防の対策として作成いたしました。

 

このような状況下、お客様にはご不便ご面倒をお掛けしてしまいますが、安心してご観劇いただけるよう最善を尽くします。どうかみなさまのご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

では、劇場でお会いできる日が迎えられるよう祈願しつつ、自分たちにできることを丹念に日々を取り組んでまいります。稽古場と劇場では、人と一緒にいられることへのありがたさと喜びと、そこに集う人がいてくれることへの感謝の気持ちを大切にしながら、演劇と舞台活動の発展に繋げて行ければと思っています。

 

そして。皆様を劇場でお待ちしています。

 


『crash~M銀行人質事件~』における新型コロナウィルス感染予防への取り組みとご来場のお客様へのお願い(2021.2.14付→2021.4.10更新)

singing dog『crash~M銀行人質事件~』公演では、お客様とスタッフ、公演に関わる全ての方の安全と健康に配慮し、感染予防・拡大防止の取り組みを下記のように行ってまいります。皆様のご理解とご協力を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

 

更新事項:「まん延防止等重点措置」東京都への適用を受け、4/9日に東京都のホームページに、「新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置(案)令和3年4月9日」が公開されました。

 

(第54回)東京都新型コロナウイルス感染症対策本部会議資料(令和3年4月9日)

https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/taisaku/saigai/1007288/1013504.html

 

イベントの開催制限は、会議資料のP21にまとめられています。つまみ出すと次の通りです。

・5,000人以下、大声なしのイベントは、収容定員まで可となっています。

・措置区域では、20時までの「営業時間短縮の協力依頼」となっていて、「要請」ではありません。

・いずれもチケット発売済みの公演は対象外です。

 

公演主催側としては、引き続きガイドラインによる対策をより強化·順守の上、安心·安全な活動を行ってまいります。

 


≪感染拡大防止のためのお願い≫

お客様へのお願い

以下のお客様につきましては、体調を最優先していただき、ご来場をお控えいただきますようお願いいたします。

  1. 体調がすぐれない方、健康面に懸念のある方
  2. 平熱より1度以上の発熱、風邪症状(発熱、咳、くしゃみ、喉の痛みなど)のある方。倦怠感や息苦しさのある方、その他、体調に不安がある方。(ご来場前にご自身で検温をお願い致します)
  3. 過去2週間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をした方
  4. 咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・臭覚障害、目の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気、嘔吐などの症状のある方
  5. 同居家族や職場、学校など身近に新型コロナウィルスの感染者もしくは感染の可能性がある方
  6. 過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国、地域への訪問歴のある方
  7. 新型コロナウイルス感染症陽性とされた者との濃厚接触がある方

ご来場時のお願い

入場に際して

  1. 入場時にサーマルカメラにて、お客さまの体温を計測させていただきます。37.5以上の発熱が認められた場合、入場をお断りさせていただきます。
  2. 体温測定の実地に伴い、通常より入場のお時間がかかることがございます。時間に余裕をもってご来場くださるようお願い申し上げます。
  3. マスクの着用をお願いいたします。マスクを着用していないお客さまの入場はお断りしています。(受付にて不織布マスクをご用意しております)
  4. 劇場の入口にて、手指の消毒を必ずお願いいたします。消毒用足拭きマットによる靴裏消毒をご用意していますのでご利用ください。
  5. 受付や入場時には一定のソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。前後の距離を空けてお並びいただくよう、スタッフが誘導いたします。
  6. チケット代金は当日清算(現金)の受渡しとなり、手渡しは行わずキャッシュトレーにて行わせていただきます。当日券販売の際には、お客さまのご連絡先のご記入をお願いします。
  7. 万が一、劇場にて感染が発生した場合に対応できるよう、チケット予約時にご連絡先が把握できていないお客さまには、ご連絡先を伺わせていただきます。(お客さまのご連絡先に関しましては、個人情報の保護に努め、感染者が発生した場合の保健所等、公的機関へのご提供以外には使用いたしません)
  8. プレゼント、祝い花、差し入れなどは辞退申し上げます。

劇場内におきまして

  1. 劇場内・観劇時でのマスクの着用をお願いいたします。
  2. 劇場内でのご飲食はご遠慮ください。(フタ付き飲み物のみ可)
  3. 飛沫感染防止にご協力いただくため、客席でのご歓談はできるだけお控えください。
  4. 咳エチケット(厚生労働省)にご協力ください。
  5. 換気を強化しているため、空調効果が一時的に損なわれる可能性がございます。寒暖に配慮した備えをご自身でご用意ください。
  6. 客席配置・座席数は状況に応じて適切に対応致します。
  7. 着席時に他のお客さまが自席前を通るときには、互いの接触を少なくするようご協力ください。
  8. 全席自由席となっていますが、一度、着席した席からの移動はお断りいたします。
  9. ご観劇中に体調がすぐれないとお見受けするお客さまがいらっしゃった場合、スタッフがお声がけさせていただくことがございます。
  10. 体調が悪くなられた場合は、お近くのスタッフまでお申し出ください。
  11. 終演後の俳優とのご面会は禁止とさせていただいています。

感染予防・拡大防止の取り組み

密閉を避けるために

  • 館内では常に換気を行い、空気の停滞を防ぎます。
  • 劇場内に、空気清浄機、加湿器を設置しています。また、上演中は、すべての扉を閉めることなく、空気の入れ替えをいたします。
  • 上演回の前後における休憩時間には、窓、ドアの開閉による換気を実地します。

密集を避けるために

  • 飛沫感染防止のため、座席数を通常より半分以下で設置しています。前後左右に間隔を開けてご用意しています。
  • 座席の最前列は舞台の話者から充分な距離(2メートル)をとります。

密接を避けるために

  • スタッフは、マスクまたはフェイスシールドを着用させていただきます。
  • 飛沫防止のため、受付にビニールやアクリル板を設置いたします。

消毒の徹底

  • 上演終了の度に、劇場内のイスやトイレ、ドアノブなどを消毒いたします。
  • 館内の設備、備品等の消毒や清掃をこまめに実施しております。

出演者・スタッフの健康管理

  • 出演者やスタッフはこまめな手洗い・うがい、消毒液による手指の消毒を励行します。
  • 毎日の検温を実地し、健康管理に努めます。

稽古期間においての衛生管理

  • 稽古場の室内の消毒、除菌対応、窓やドアの開閉による換気を徹底いたします。
  • 出演者、スタッフ、関係者については、健康チェックを日々行っていきます。
  • 稽古日の検温の実施、および検温表に体温を記して健康状態を管理します。
  • 手洗い、うがいはこまめに行います。

公演内容の変更・延期・中止につきまして

  • 今後、新型コロナウィルス感染拡大状況により、公演内容が変更する場合もございます。
  • 出演者・スタッフ・関係者より、万が一、稽古期間中および公演期間に発熱や新型コロナウィルス感染に該当する症状が発症した場合は、やむを得ず公演を中止する場合がございます。あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • 公演に変更が生じた場合は、E-mail、singing dogHP、公式Twitterにてお知らせいたします。

その他

  • ご来場後に万が一、新型コロナウィルスと診断されたお客さまは、すみやかに劇団までご連絡くださいますようお願い申し上げます。
  • チケットをご予約されているお客さまで、体調や環境等に不安のある方は、日時の変更、ご予約のキャンセルをいたしますのでお申し出ください。

最後に

この予防・拡大防止への取り組みは、公益財団法人全国公立文化施設協会の「劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」、緊急事態舞台芸術ネットワークの「感染予防策ガイドライン」、小劇場協議会「ガイドライン」を参照しつつ、厚生労働省の新型コロナウイルス感染症について、東京都新型コロナウイルス感染症対策サイトも参考にして、感染予防のt前の対策として作成いたしました。

 

今後とも、政府・自治体発表を注視し、劇場の策定しているガイドラインを劇場サイドと協議しながら、具体的な対応策を講じてまいります。お客様におかれましても、ご自身の体調、生活や職場などの環境、移住地域の感染状況などを含めて、総合的にそれぞれの事情に伴うリスクをご検討の上、観劇のご判断いただきますようお願いいたします。

まん延防止等重点措置法にイベントへの制限が引き続き含まれる可能性もあるようです。これへの対策および公演情報の変更等は、つど、最新情報へと更新してゆきます。

 

このような状況下、お客様にはご不便ご面倒をお掛けしてしまいますが、安心してご観劇いただけるよう最善を尽くします。どうかみなさまのご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

では、劇場でお会いできる日が迎えられるよう祈願しつつ、自分たちにできることを丹念に日々を取り組んでまいります。稽古場と劇場では、人と一緒にいられることへのありがたさと喜びと、そこに集う人がいてくれることへの感謝の気持ちを大切にしながら、演劇と舞台活動の発展に繋げて行ければと思っています。

 

そして。皆様を劇場でお待ちしています。

(2021年2月14日)


公演ご来場におけるウィルス感染予防・拡大防止対策についての報告(7/21日)

 

singing dog『ブラックアウト』公演において、ご来場くださったお客様にお配りの「ご案内文」を掲載いたします。

 

------------------

 

 

singing dog『ブラックアウト』公演 感染予防・拡大防止の取り組みに関して

 

このような状況下、お客様にはご不便ご面倒をお掛けしてしまいますが、安心してご観劇いただけるよう最善を尽くしております。ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

感染拡大防止のためのお願い

・入退場時には、場内設置のアルコール消毒液で手指の消毒をお願いいたします。

・感染防止の為、鑑賞時にもマスクのご着用お願いいたします。マスクがない場合は受付に用意がございます。

・入場時に体温を計測させていただきましたが、37.5度を超えた場合はご入場をお断りしております。

・咳やくしゃみをする際はマスク、ハンカチ、ティッシュ、上着などで口を覆う「咳エチケット」に協力ください。

・体調が悪くなられた場合は、スタッフまでお声掛けください。

・ご来場後に新型コロナウイルスが発症した場合は、すみやかに劇団までお知らせください。

 

感染予防・拡大防止の取り組み

・常に換気を行い、空気の停滞を防いでいます。劇場内には空気清浄機、加湿器を2台設置しております。

・上演中はすべての扉を閉めることなく、空気の入れ替えができるようにいたしました。

・飛沫感染防止のため、座席数を 半分以下に 減らし、座席間隔を空けてご用意しました。

・上演の前と後の度にイス、トイレ、ドアノブ等の消毒を行っております。

・スタッフはマスクを着用し、飛沫感染防止のため受付にはビニールシートを設置しております。

恐縮ですが、開演までお時間でのお客様同士の会話は、控えめか最小限にとどめてくださいますと幸いです。

・東京都の感染拡大にともない、申し訳ありませんが終演後の関係者への面会は、禁止させていただきます。

 

《その他》

・劇場入口に消毒液を設置しております。また、トイレにはハンドソープ、ペーパータオルを用意しております。

・館内の設備、備品等の消毒・清掃をこまめに(定期的に)実施しております。

・出演者とスタッフは稽古期間において、常に体温検査、手洗い、手指消毒、うがい等、健康管理・体調管理に努めてきました(稽古場での様子や感染予防取組みは全て録画して残してあります)。 また、出演者およびスタッフは全公演終了後の2週間も公演期間と捉えて、感染症対策を引き続き徹底いたします。

 

singing dog 

公演におけるウィルス感染予防・拡大防止対策についてのお知らせ(更新7/16日)

 singing dog『ブラックアウト』公演では、お客様とスタッフの安全と健康を考え、感染予防・拡大防止の取り組みを下記のように行ってまいります。皆様のご理解とご協力を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。


≪感染拡大防止のためのお願い≫

  • 発熱、咳・咽頭痛など呼吸器・風邪症状がある場合はご来場をお控えください。
  • 感染防止の為マスクのご着用の上ご来場ください。鑑賞時にもマスクのご着用をお願いいたします。(マスクの準備が難しい場合受付にてお渡しいたします。)
  • 入場時に非接触体温計にて、お客様の体温を計測させていただきます。体温測定にご協力ください。

 ※37.5度を超える場合には、申し訳ございませんが、ご入場をお断りさせていただきます。

  • 入退場時には、場内設置のアルコール消毒液で手指の消毒をお願いいたします。
  • 咳やくしゃみをする際には、マスク、ハンカチ、ティッシュ、上着の内側や袖などで口を覆う「咳エチケット(厚生労働省)」にご協力ください。
  • 体調が悪くなられた場合は、スタッフまでお声掛けください。
  • ご来場後に新型コロナウイルスが発症した場合は、すみやかに劇団までお知らせください。

  ※以下の場合は、ご来場をお控えください

  • 同居家族や身近な知人に感染が疑われる場合。
  • 新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した方との濃厚接触がある場合。
  • 過去14日間以内に感染が拡大している国・地域への渡航並びに当該国・地域の在住者との濃厚接触がある場合。
  • 咳・くしゃみ・鼻水など、ご自身に風邪のような症状がある場合、体調がすぐれない場合。

 ≪感染予防・拡大防止の取り組み≫

【密閉を避けるために】

  • 館内では常に換気を行い、空気の停滞を防ぎます。
  • 劇場内に、空気清浄機、加湿器を設置しております。また、上演中はすべての扉を閉めることなく、空気の入れ替えをいたします
  • 上演回の前後における休憩時間中は、窓、ドアの開閉による換気をいたします。

 【密集を避けるために】

  • 受付時や入場時には、一定のソーシャルディスタンスを確保します。前後の距離を空けて並んでいただくよう、ご協力をお願いいたします。
  • チケット代金は、当日精算(現金)の受渡しとなりますので、手渡しを行わずにキャッシュトレーにて行わせていただきます。尚、当日券の販売際は、受付でお渡しする用紙にお客様の連絡先をご記入願います。
  • 飛沫感染防止のため、座席数を半分以下に減らし、座席間隔を空けてご用意いたします。
  • 大変恐縮でございますが、開演までお時間でのお客様同士の会話は、控えめか最小限にとどめてくださいますと幸いです。

 【密接を避けるために】

  • スタッフはマスクを着用します。一部、フェイスシールドの着用をさせていただきます。
  • 飛沫感染防止のため受付にビニールやアクリル板を設置させていただきます。
  • 終演後の関係者への面会は、禁止とさせていただきます

 【その他】

  • 上演終了の度に、劇場内のイスやトイレ、ドアノブなどを消毒いたします。
  • スタッフの勤務前の体温検査、手洗い、手指消毒、うがい等、健康管理に努めております。
  • 劇場入口等に消毒液を設置しております。また、トイレにはハンドソープ、ペーパータオルを用意しております。
  • 館内の設備、備品等の消毒・清掃をこまめに(定期的に)実施しております。

 【稽古期間等の衛生管理について】

  • 稽古場の室内の消毒、除菌対応、窓の開閉よる換気を徹底いたします。
  • 出演者・スタッフ・関係者については、健康チェックを日々行ってゆきます。
  • 検温、手洗い、うがいを励行し、体調管理に努めてゆきます。

今後、感染拡大の状況により公演情報等に変更等が生じた場合には、e-mail、劇団HP、ツイッター等でお知らせいたします。

 

なお、チケットをご予約されているお客様のなかで、体調や環境等に不安のある方は、日時のご変更、ご予約の取消を承りますのでお申し出ください。


最後に

この予防・拡大防止への取り組みは、公益財団法人全国公立文化施設協会の「劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」を参照しつつ、東京都の各劇場のガイドライン等も参考にして、感染防止のための対策として作成いたしました。なおまた、小劇場協議会のガイドラインに沿って、予防対策を定めてゆきました。

 

東京都の感染状況ならびに東京都の緩和ロードマップの段階によって、この対策は最新情報へと更新してゆきます。

 

このような状況下、お客様にはご不便ご面倒をお掛けしてしまいますが、安心してご観劇いただけるよう最善を尽くします。どうかみなさまのご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

では、劇場でお会いできる日が迎えられるよう祈願しつつ、自分たちにできることを丹念に日々を取り組んでまいります。稽古場と劇場では、人と一緒にいられることへのありがたさと喜びと、そこに集う人がいてくれることへの感謝の気持ちを大切にしながら、演劇と舞台活動の発展に繋げて行ければと思っています。

 

そして。

皆様を劇場でお待ちしています。