Introduction



singing dog とは──

社会的なモチーフを、映像の脚本家という観点からエンターテインメントに仕上げていく作風。

藤﨑麻里が企画・作・プロデュースし、細部までこだわり抜いて創作へと導く。

 

2019年12月、サンモールスタジオプロデュース・オムニバス公演『CRIME -1st-女性加害者編』にてCase File 03『自由の果て、の不自由』~新宿・渋谷エリートバラバラ事件~をsinging dogとして上演。

 

2020年7月、『ブラックアウト』が正式な旗揚げ公演となる。

2021年以降も精力的に上演を果たしていく。 

<作・藤﨑 麻里>

 

脚本家。第三回読売・日本テレビ・ウーマンズビート大賞にて大賞・読者賞受賞。同作品「溺れる人」はテレビドラマ放映(篠原涼子・西島秀俊、出演)。

翌年、NHK創作テレビドラマ大賞にて最終選考選出、テレビドラマ制作会社企画開発チームに在籍。

BSプレミアム「たべものがたり・彼女のこんだて帖」で脚本家デビュー。同時期「99のなみだ」シリーズ・他、小説・多数刊行。近年は映画の脚本を主な仕事とする。

 

2017年、ONE WORKS(所属事務所)在籍。

2019年5月、劇場公開「パラレルワールド・ラブストーリー」脚本協力。

2019年12月、サンモールスタジオにて『Crime-1st-』の中のCase File 03『自由の果て、の不自由』でsinging dogとして上演・脚本執筆。現在、日本劇作家協会会員、リーディング部に在籍。

 <演出・吉田康一> 

 

劇作家・演出家。Antikame? 主宰。

 

『顔が見当たらない』戯曲雑誌「せりふの時代」vol.54掲載。『かみにフレる』若手演出家コンクール2016一次選考・次点選出。『つややかに焦げてゆく』第23回日本劇作家協会新人戯曲賞・二次選考選出。門真国際映画祭 舞台部門二次審査選出。『なんども手をふる』第24回日本劇作家協会新人戯曲賞・二次選考選出、門真国際映画祭 舞台部門二次審査選出。若手演出家コンクール2018二次審査選出。日本劇作家協会 事業委員、日本演出者協会会員。

 

>>>  http://antikame.main.jp/


<音楽・山口 紘>

 

作曲を綿村松輝、湯浅譲二の各氏に師事。演奏会用作品の作曲とともに、舞台・映像用音楽の作曲、テクノロジーを用いた音楽パフォーマンスやジャンル横断的な演劇表現を手がける。2010年トーキョーワンダーサイト主催“EXPERIMENTAL SOUND, ART ANDPERFORMANCE FESTIVAL”入選。日本大学大学院芸術学研究科博士後期課程満期退学。2008~2011年公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生。

 

アルバム『Chairs of Grass』、Antikame?サウンドトラック「じくりじくりと蝕まれていく」「微かなひかりに満ちている」がApple Music、Spotifyなどで配信中。

 

>>>   https://www.hiromuyamaguchi.com

>>>   http://antikame.main.jp/sound-hiromu/